空家となった実家と民泊 | 住む方のいない実家などの有効な活用方法として民泊を考える

民泊集計実績(観光庁)[2019年6月~7月]

行政関係

「民泊集計実績(観光庁)[2019年6月~7月]」 全国における宿泊日数の合計は、313,511 日(前回(4-5 月分)対比 104.2%)で、届出住宅あたりでみると、20.3 日であった。 都道府県別では、東京都が 131,360 日で最も多く、次いで北海道(52,508 日)、大阪府(41,745 日)であった。

神戸農村地域の農村ホームステイ社会実験(神戸市)

民泊

「神戸農村地域の農村ホームステイ社会実験(神戸市)」 多くの方が神戸に訪れる9月から10月にかけて実施する「農村ホームステイ」において、国内外からのお客様に、神戸の農村部の暮らしの魅力を味わってもらえるよう、Airbnbと連携したゲストの募集及び受入ホストのサポートを実施する。

JA全農と株式会社百戦錬磨 農泊分野で包括業務提携契約を締結

民泊

「JA全農と株式会社百戦錬磨 農泊分野で包括業務提携契約を締結」 業務提携を通じ、相互の経営資源やネットワーク、情報・ノウハウ等それぞれの強みを最大限活用し、JAグループにおける「農泊」の開業・運営支援、「農業体験・イベント」の企画・運営支援、「農泊関連サイト」の開発・運営、空き家管理サービス事業等、多面的な事業領域において協業し、地方創生、地域活性化に貢献していく。

令和元年度 廃校活用マッチングイベント(文部科学省)

民泊 経営

「令和元年度 廃校活用マッチングイベント(文部科学省)」 近年、少子化による児童生徒数の減少、市町村合併などの影響により多くの廃校が発生しており、その施設の有効活用が求められています。多くの民間企業・学校法人・NPO法人・社会福祉法人・医療法人などに情報を提供することで、廃校施設等の情報と活用ニーズのマッチングの一助になるものと考えています。

デュアラー

民泊

「デュアラー」 「デュアラー」とは、都心と田舎に2つの家を持ち2拠点生活を行う人のことを言う。複数拠点で生活するデュアラーのメリットを生かして、他地域の人達との人的なつながり、文化や伝統の紹介など、各拠点先の地域に貢献できるような生活/活動ができるようになれば両者にとって望ましい。

「外国人患者を受け入れる医療機関情報 中間とりまとめリスト」(厚生労働省/観光庁)

行政関係

『「外国人患者を受け入れる医療機関情報 中間とりまとめリスト」(厚生労働省/観光庁)』 厚生労働省と観光庁が連携して一元化した「外国人患者を受け入れる医療機関の情報を取りまとめたリスト(以下、医療機関リスト)」が作成されているところだが、今回、ラグビーW杯またはオリンピック・パラリンピックの開催地等を含む医療圏等先行して整備すべき箇所の医療機関リストをとりまとめられ公表された。

新会社「Stay Japan Jobs」

民泊

新会社「Stay Japan Jobs」 「株式会社百戦錬磨(本社 宮城県仙台市)」と株式会社 「Saibay(本社 東京都港区)」は、観光業に特化した外国人紹介を行う「株式会社 Stay Japan Jobs(本社 東京都千代田区)」を 2019 年 5 月 14日、共同で設立した。

地域活性化 ロケ誘致

民泊 経営

「地域活性化 ロケ誘致」 ロケ地は観光客などを呼び込むことができるので、今では、地方の何の特徴もない土地を映画やテレビドラマのロケ地として使ってもらうようなロケ誘致が、新しい町お越しの手段になってきているようである。

ここは絶対行くべき、これは絶対食べるべき 修善寺あさば(静岡県)

静岡県

「ここは絶対行くべき、これは絶対食べるべき 修善寺あさば(静岡県)」 修善寺あさばという旅館です。これは絶対食べるべきと思っているのも、ここの黒米の穴子寿司です。修善寺あさばという旅館をご存知の方は多いはずです。日本の誇る名旅館として有名で、旅行雑誌などを見れば載っていないことはないほどです。

ページの先頭へ