民泊 | 空家となった実家と民泊

「民泊」の記事一覧

京都市 条例を見直し、旅館業法すべての宿泊施設に人の駐在を義務化

行政関係

「京都市 条例を見直し、旅館業法すべての宿泊施設に人の駐在を義務化」 京都市は条例を見直し、旅館業法すべての宿泊施設に人の駐在を義務化した。旅館業法では、規制緩和で簡易宿所のフロント設置は不要となったが、京都市は施設の内部または外での設置を要件とし、2020年3月末までを猶予期間としていた。

民泊集計実績(観光庁)[2019年10月~11月]

行政関係

「民泊集計実績(観光庁)[2019年10月~11月]」 全国における宿泊日数の合計は、293,424 日(前回(8-9月分)対比 96.2%)で、届出住宅あたりでみると、16.9 日であった。 都道府県別では、東京都が 131,730日で最も多く、次いで大阪府(35,148 日)、北海道(31,189日)であった。

観光庁長官 令和2年1月1日 「新春のご挨拶」を観光庁公式サイトで公表

行政関係

「観光庁長官 令和2年1月1日 「新春のご挨拶」を観光庁公式サイトで公表」 ・訪日外国人旅行者の満足度を向上させる新たな体験型観光コンテンツを開拓/育成していくことが重要。 ・全国各地の城や寺を宿泊施設として活用した「城泊・寺泊」。 ・体験型観光コンテンツ等の魅力を発信できる通訳ガイドの育成/強化といった取組。

東京近辺のオリンピック・パラリンピック時期の民泊宿泊費 高騰!

民泊

「東京近辺のオリンピック・パラリンピック時期の民泊宿泊費 高騰!」 東京オリンピック・パラリンピック時期の首都圏の民泊施設の宿泊料金が高騰し始めているようである。首都圏の各自治体には、東京オリンピック・パラリンピック期間中にお手頃な価格で宿泊できるイベントホームステイの開催をお願いしたいところである。

観光庁・厚生労働省 オリンピック/パラリンピックでホームステイ イベント民泊ガイドラインを改訂(2019年12月)

行政関係

「観光庁・厚生労働省 オリンピック/パラリンピックでホームステイ イベント民泊ガイドラインを改訂(2019年12月)」 ①イベント民泊の趣旨をより明確にするため、通称を「イベント民泊」から「イベントホームステイ(イベント民泊)」に変更。 ②「宿泊施設の不足が見込まれる」場合のほか、「ホームステイでの宿泊体験を通して、地域の人々と旅行者の交流を創出する」ことを目的としてイベント民泊を実施できるよう要件を変更。

楽天LIFULL STAYとHomeAway、 民泊事業における業務提携に基づくインバウンド強化策を開始

民泊

「楽天LIFULL STAYとHomeAway、 民泊事業における業務提携に基づくインバウンド強化策を開始」 国内民泊施設の開拓と海外のマーケティングの強化を推進する。それぞれのネットワークを最大限に生かした多様な宿泊ニーズに応えるサービスを提供することで、インバウンド事業のさらなる拡大と観光立国の推進に貢献していく。

2019年3月末時点における民泊物件の適法性の確認結果について(観光庁)

行政関係

「2019年3月末時点における民泊物件の適法性の確認結果について(観光庁)」 「住宅宿泊仲介業者」、及び「旅行業者※」の平成31年3月31日時点における住宅宿泊事業法に基づく届出住宅等の取扱物件について、関係自治体において行った適法性の確認結果を観光庁が取りまとめた。

民泊集計実績(観光庁)[2019年8月~9月]

行政関係

民泊集計実績(観光庁)[2019年8月~9月] 全国における宿泊日数の合計は、304,879 日(前回(6-7 月分)対比 97.2%)で、届出住宅あたりでみると、18.3 日であった。 届出住宅あたりの宿泊日数を都道府県別にみると、石川県が 23.5 日で最も多く、次いで愛知県(21.3 日)、東京都(20.5 日)であった。

ページの先頭へ