行政関係 | 空家となった実家と民泊

「行政関係」の記事一覧

2019年3月末時点における民泊物件の適法性の確認結果について(観光庁)

行政関係

「2019年3月末時点における民泊物件の適法性の確認結果について(観光庁)」 「住宅宿泊仲介業者」、及び「旅行業者※」の平成31年3月31日時点における住宅宿泊事業法に基づく届出住宅等の取扱物件について、関係自治体において行った適法性の確認結果を観光庁が取りまとめた。

住宅宿泊事業の宿泊実績(観光庁)[2019年8月~9月]

行政関係

住宅宿泊事業の宿泊実績(観光庁)[2019年8月~9月] 全国における宿泊日数の合計は、304,879 日(前回(6-7 月分)対比 97.2%)で、届出住宅あたりでみると、18.3 日であった。 届出住宅あたりの宿泊日数を都道府県別にみると、石川県が 23.5 日で最も多く、次いで愛知県(21.3 日)、東京都(20.5 日)であった。

民泊集計実績(観光庁)[2019年6月~7月]

行政関係

「民泊集計実績(観光庁)[2019年6月~7月]」 全国における宿泊日数の合計は、313,511 日(前回(4-5 月分)対比 104.2%)で、届出住宅あたりでみると、20.3 日であった。 都道府県別では、東京都が 131,360 日で最も多く、次いで北海道(52,508 日)、大阪府(41,745 日)であった。

「外国人患者を受け入れる医療機関情報 中間とりまとめリスト」(厚生労働省/観光庁)

行政関係

『「外国人患者を受け入れる医療機関情報 中間とりまとめリスト」(厚生労働省/観光庁)』 厚生労働省と観光庁が連携して一元化した「外国人患者を受け入れる医療機関の情報を取りまとめたリスト(以下、医療機関リスト)」が作成されているところだが、今回、ラグビーW杯またはオリンピック・パラリンピックの開催地等を含む医療圏等先行して整備すべき箇所の医療機関リストをとりまとめられ公表された。

観光庁、厚生労働省 イベント民泊ガイドラインを改訂(2019年8月)

行政関係

「観光庁、厚生労働省 イベント民泊ガイドラインを改訂(2019年8月)」 観光庁、厚生労働省は、ラグビーワールドカップ2019日本大会や2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会などの大規模イベントを控え、イベント民泊をこれまで以上に有効に活用できるように、イベント民泊ガイドラインを改訂した。

民泊集計実績(観光庁)[2019/4月~2019/5月]

行政関係

民泊集計実績(観光庁)[2019/4月~2019/5月] 観光庁の平成 31 年 4月~令和元年 5 月分の住宅宿泊事業の宿泊実績集計によると、届出住宅あたりの宿泊日数は、21.3 日、宿泊者数は、23.8人であった。宿泊日数の合計は、301,011 日(前回(2-3月分)対比 123.7%)、宿泊者数の合計は、335,163 人(前回比 118.7%)。

用途地域による民泊営業制限

行政関係

用途地域による民泊営業制限 民泊については、住宅宿泊事業法に基づき多くの各自治体で条例などが定められているが、大都市などの条例では、用途地域により以下のような営業制限がかけられている地域がある。

ページの先頭へ