民泊 経営 | 空家となった実家と民泊

「民泊 経営」タグの記事一覧

京都市 条例を見直し、旅館業法すべての宿泊施設に人の駐在を義務化

行政関係

「京都市 条例を見直し、旅館業法すべての宿泊施設に人の駐在を義務化」 京都市は条例を見直し、旅館業法すべての宿泊施設に人の駐在を義務化した。旅館業法では、規制緩和で簡易宿所のフロント設置は不要となったが、京都市は施設の内部または外での設置を要件とし、2020年3月末までを猶予期間としていた。

観光庁長官 令和2年1月1日 「新春のご挨拶」を観光庁公式サイトで公表

行政関係

「観光庁長官 令和2年1月1日 「新春のご挨拶」を観光庁公式サイトで公表」 ・訪日外国人旅行者の満足度を向上させる新たな体験型観光コンテンツを開拓/育成していくことが重要。 ・全国各地の城や寺を宿泊施設として活用した「城泊・寺泊」。 ・体験型観光コンテンツ等の魅力を発信できる通訳ガイドの育成/強化といった取組。

民泊予約サイト「Vacation STAY」と手間いらずの予約サイトコントローラー「TEMAIRAZU」が連携を開始

民泊 経営

『民泊予約サイト「Vacation STAY」と手間いらずの予約サイトコントローラー「TEMAIRAZU」が連携を開始』 民泊予約サイト「Vacation STAY」と、手間いらずが提供する予約サイトコントローラー「TEMAIRAZU」はシステム連携を、11月29日より開始した。「TEMAIRAZU」を利用する宿泊・民泊施設オーナーは、同システムの予約管理サイト上で「Vacation STAY」掲載施設を含めた複数の民泊・宿泊予約サイトの在庫や料金、予約情報等の一括管理が可能になる。

AI通訳機「POCKETALKⓇ(ポケトーク)」がエアトリステイ社で採用

民泊 経営

「AI通訳機「POCKETALKⓇ(ポケトーク)」がエアトリステイ社で採用 」 AI通訳機「POCKETALK(ポケトーク) W」が、民泊運営のサポートを行なうエアトリステイ社で、Airbnbの宿泊施設提供者(=ホスト)向けサービスとして採用された。駆けつけサービスのスタッフも携行し、トラブルや問い合わせの対応にも利用される。

楽天LIFULL STAYとHomeAway、 民泊事業における業務提携に基づくインバウンド強化策を開始

民泊

「楽天LIFULL STAYとHomeAway、 民泊事業における業務提携に基づくインバウンド強化策を開始」 国内民泊施設の開拓と海外のマーケティングの強化を推進する。それぞれのネットワークを最大限に生かした多様な宿泊ニーズに応えるサービスを提供することで、インバウンド事業のさらなる拡大と観光立国の推進に貢献していく。

2019年3月末時点における民泊物件の適法性の確認結果について(観光庁)

行政関係

「2019年3月末時点における民泊物件の適法性の確認結果について(観光庁)」 「住宅宿泊仲介業者」、及び「旅行業者※」の平成31年3月31日時点における住宅宿泊事業法に基づく届出住宅等の取扱物件について、関係自治体において行った適法性の確認結果を観光庁が取りまとめた。

米国 ジャージーシティで住民投票  民泊規制を強化

民泊

「米国 ジャージーシティで住民投票 民泊規制を強化」 ニュージャージー州ジャージーシティでは、5日に実施された住民投票で、短期住宅レンタルに関する規制強化条例が承認された。所有者が滞在していない物件は、短期レンタルが可能な日数を年間60日までと制限。所有者が滞在していない部屋数が4室以上の建物における短期貸し出しが禁止された。

シェアリング・エコノミー

民泊 経営

「シェアリング・エコノミー」 。「個人が保有する遊休資産(モノ・場所・技能など)をインターネットなどを介して他人も利用できるサービス」である。少子高齢化社会という現状を考えると、これからの日本にとって有効な対処法のひとつになっていくのではないだろうか。

「東北」が旅行ガイドブック「ロンリープラネット」で3位に(JNTO:日本政府観光局)

旅行

『「東北」が旅行ガイドブック「ロンリープラネット」で3位に(JNTO:日本政府観光局)』 旅行ガイドブック「Lonely Planet(ロンリープラネット)」が発表する お勧めの旅行先「Best in Travel 2020」において、日本の「東北」が 2020 年に訪れるべき世界の 10 地域の第 3 位に選出された。

地方の隠れた一品

民泊 経営

「地方の隠れた一品」 農産物や水産物、畜産物の単品のみだと、差別化、アピールする特徴がなく、知名度や売上アップを図るのが難しいが、何か他のものと掛け合わせて商品化すると思わぬ大ヒットが生まれることがあるという。 

ページの先頭へ