民泊実績 | 空家となった実家と民泊

「民泊実績」タグの記事一覧

住宅宿泊事業の宿泊実績(観光庁)[2019年8月~9月]

行政関係

住宅宿泊事業の宿泊実績(観光庁)[2019年8月~9月] 全国における宿泊日数の合計は、304,879 日(前回(6-7 月分)対比 97.2%)で、届出住宅あたりでみると、18.3 日であった。 届出住宅あたりの宿泊日数を都道府県別にみると、石川県が 23.5 日で最も多く、次いで愛知県(21.3 日)、東京都(20.5 日)であった。

民泊集計実績(観光庁)[2019年6月~7月]

行政関係

「民泊集計実績(観光庁)[2019年6月~7月]」 全国における宿泊日数の合計は、313,511 日(前回(4-5 月分)対比 104.2%)で、届出住宅あたりでみると、20.3 日であった。 都道府県別では、東京都が 131,360 日で最も多く、次いで北海道(52,508 日)、大阪府(41,745 日)であった。

民泊集計実績(観光庁)[2019/4月~2019/5月]

行政関係

民泊集計実績(観光庁)[2019/4月~2019/5月] 観光庁の平成 31 年 4月~令和元年 5 月分の住宅宿泊事業の宿泊実績集計によると、届出住宅あたりの宿泊日数は、21.3 日、宿泊者数は、23.8人であった。宿泊日数の合計は、301,011 日(前回(2-3月分)対比 123.7%)、宿泊者数の合計は、335,163 人(前回比 118.7%)。

住宅宿泊事業の廃止理由

行政関係

住宅宿泊事業の廃止理由。 観光庁による「住宅宿泊事業の廃止理由調査について」の調査結果が報告された。廃止の理由で最も多かったのは、「旅館業または特区民泊へ転用するため」であり、全体の 36.9%を占めている。

ページの先頭へ