1.大都市での民泊経営

大都市での民泊の経営について考えてみる。東京や大阪などの大都市の場合は、地方の場合と比べて大きく異なる点が3つある。1つ目は民泊提供施設の種類。3種類の管理法律下で営業できる為、アパートやマンション、一戸建て、その他、民泊に適合するように改造した施設など種類も多い。2つ目は、民泊の利用目的。①宿泊施設不足の為、②ホテルなどの高額を避け、安価で宿泊したい為。3つ目は、来所理由。①観光、②仕事(出張)、③その他個人的な様々の理由など。よって、宿泊事業者は提供する民泊施設が、どんな施設で、どのような目的で利用されることが多いかによって、利用者の高評価を得る対応が異なってくる。まずは、提供施設が、大都市のどんな地域にあり、利用客の利用目的、来所理由などは何かを把握して、最も多いと思われるケースをターゲットとして考えていくことが重要である。

2.ポイント

いずれの場合でも、大都市の場合は、鍵の形態/管理などのセキュリティが一番重要である。1組の旅行者の滞在が終了したら、開錠方法が変るような鍵にしなくてはならない。

通常スタイルの鍵であると、悪意のある利用者は、滞在中にスペアーキーをつくるなどのケースが報告されている。1組の利用者の滞在期間しか利用できない暗証番号スタイルのキーで確実に都度番号を変える、ホテルのように、個々の利用者ごとに使い捨てのペーパーカード式キーなどを設けるなどの必要がある。次の利用者に鍵の使用法が確実に伝わることも重要である。

スマートロック

次に、1組の利用者の滞在が終了したら、部屋の清掃などが確実に行われるようにしておくことも必要である。大手の実績のある管理業者に委託する場合は、フォロー体制などが十分とられているので、心配はないと思われるが、それ以外の場合は、繁忙期など業者のトラブルなどで限られた時間内に清掃などができなくなるおそれも考えられる。そのような事態を想定して、次の利用者との間に間をとって予約を受けることも必要かもしれない。ホテルによっては、清掃などが終わったあとに客室の管理責任者が清掃状況の確認チェックを行っている所もあると聞く。利用者の不評を買わぬよう、確実に清掃、リネン類の交換などが行われているか、安全は保たれているかなどを宿泊事業者や管理業者が確認する為の時間的余裕をとっておくことも重要と思われる。

特区民泊や1グループ1棟貸しなどの場合は心配ないと思われるが、利用者が快適に過ごしていただくには、宿泊者が施設を共用利用する場合など、防音など宿泊者同士のプライバシーが十分に保たれているか、利用システムが問題ないかなども絶えず心くばりをしておくことも大切である。

・リフォームコストの概算を調べてみる
日本全国で実績多数|リフォーム比較プロ

大都市の場合は、地方と比べて、利用者も多いが、種々の問題、トラブルなどが発生する可能性も高い。宿泊事業者はその点をしっかりと心にとめて、運営していくことがポイントとなる。

住宅トラブルメンテナンス



雑誌読み放題!月額380円で200誌以上が読み放題

・観光パンフレットを取り寄せ地域の情報を確認する。
                                                                                                                        











お薦めするホームページ作成ソフトはこちら↓「Goope」

・商用サイトに必要な機能が備わっている。

・DXプラン・ビジネスプランは「メルマガ機能」が無料で使える。

・全てのプランで「独自ドメイン」が使える(⇒サイトが安全)。

・管理画面からカンタンにホームページをSSL化(=サイト情報の改ざんやなりすましを防ぐための暗号化
 セキュリティ対策)できるので、ユーザーの信頼につながる。

・お問い合わせカスタマイズ機能(DXプラン、ビジネスプラン)が使える。

・電話サポート機能(ビジネスプラン)が使える。



マジックボール




<現在、28%オフのキャンペーン中、民泊中、健康食を試してみよう↓>




「理想的な民泊経営」

「民泊」のテーマを決めよう。旅行者が「民泊」利用に期待すること

民泊のテーマを探そう 地域の特徴/トピック情報を探すソース

利用者(ゲスト)側から見た良い民泊施設

他と違った利用目的の民泊施設

民泊施設 設備関係を準備しよう

民泊物件を取り扱う不動産業者

民泊料金の設定

リピータ(外国人)旅行者の受け皿となる民泊の重要性

政府公式民泊ポータルサイト「minpaku」で全国の民泊事例集を公開

民泊管理会社と警視庁が宿泊不審者情報の共有協定