民泊用WiHi

民泊用WiHiは、民泊の宿泊者が民泊中にパソコンやタブレットでインターネットやメールを利用するために、民泊に特化したサービスとなっている。通常のWiHiだと月毎の通信量などに制限があるため、多用すると、通信速度などに制限がかかり、実用に耐えなくなってしまう。
民泊では、海外からの宿泊客など様々な人が短期間生活し、WiHiを利用する。

特に外国人の方は、母国とのやりとりに動画通信を使用したり、日本のテレビは言葉が分からないので、ネット配信のニュースや娯楽などを楽しむことが多い。

そのため通常のWiHiを利用していると、前日以前の宿泊客がWiHiを利用しすぎたりすると、速度制限がかかり翌日の宿泊客が思うように通信できなくなってしまうなどのトラブルが発生する場合がある。
一般の場合だと、通信会社に連絡して、有料で通信速度を戻してもらうか、契約を1ランク上げて通信容量を増やしてもらうなどして対応する。

通信制限なし・安価料金

民泊用WiFiでは基本的に通信制限を設けておらず、通信使用が多くなると、速度制限がかかってしまうというリスクを軽減し、かつ、一般的なWiFiよりも月額料金が安いというのが大きな特徴。
民泊ホストに余計な負担をかけずに、宿泊者に民泊施設で、WiFiが利用しやすいサービスとなっている。
東京オリンピックや大阪万博への海外からの観光客用には、必須設備である。
大手の会社では、民泊専用のWiHiは、扱いがなく、歴史の浅い企業が民泊用のWiHiを提供している。

民泊施設 設備関係を準備しよう